« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

9月議会が終わりました(その1)

070926 26日で9月議会が終わりました。焦点は、保育所民営化問題と新家篭池埋め立て問題でした。また一般質問では、民営化問題とごみ有料化問題を取り上げて質問しました。

 私は、保育所民営化に反対する立場から「公立保育所の建て替え計画に関する請願」の紹介議員として、厚生文教委員会で説明しました。若いお母さんたち保護者らが1052人名分の署名を提出して、「民営化よりも公立保育所の建て替えを進めてください」と必死の思いで請願されました。委員会と本会議には20名近い保護者が傍聴に来られました。しかし私の説明に対し2~3の質問はありましたが、実質的な質疑はなく厚生文教委員会で2:3で否決、本会議では5:14で否決されてしまいました。残念です!傍聴に来たお母さんたち、保護者たちの思いは、どうして議員に届かないのでしょうか?!議員たちは「保育所の超過負担を減らすため」という市長の説明に同意しています。どうしてなのでしょうか?!次代を担う子供たちを育てる環境作りに税金をかけるのがそんなに「もったいない」と言うのでしょうか!新田谷市長は、財政危機を理由に結局、「子供たちに金をかける必要はない」と言いたいのでしょう。それなのに新家町に作る「三中校区集会所の子育て支援施設」に2億3千万円もかけるのです。この施設は、保育所ほど使いません。使う人数も頻度も少ないのです。まったく腹が立ちます。

続きを読む "9月議会が終わりました(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

労働者の団結で革命起こそう!9・24集会

0709243 9月24日、大阪市北区の国労会館で「労働者の団結で革命を起こそう!」という集会があり、参加してきました。「革命」という言葉に感動し、「そうや!今の腐った日本は革命起こさな救われへん!」と胸がわくわくする集会にのめり込んできました。私らの若い頃は、学生でも青年労働者でも「革命、革命闘争」という言葉を使わなかったら見向きもされなかった。そういう時代が再び来たように思う。昔よりもっとひどいかもしれない。 今の日本は、働いても食っていけないワーキングプアーやネットカフェー難民などと呼ばれる貧困層を何百万人もつくった。いわゆる「構造改革」という、資本がやりたい放題やれる新自由主義で、労働者を搾取しまくっている。100年前の資本主義よりもひどい状態になっている。そんな労働者、農民の怒りに立ち往生し、安倍首相が政権を投げ出した。資本家階級は、自公政権=ブルジョア独裁が崩壊する危機に直面した。労働者、農民の革命にびびった!それで安定を求め、福田を選んだわけだが、われわれはこのチャンスを徹底的に生かして、革命を起こし、労働者が主人公の社会を造ろう!と呼びかけたのです。(集会の発言などは下の続きを読んでください)

0709241 集会の後のデモがすごかった!機動隊がデモ隊を挑発して押してくるので、デモ隊の青年、学生が押し返して、押し合いになりデモ隊と機動隊がぶつかった!街頭では見に来て応援する青年がいっぱい出てきた。写真や動画を撮る人も出てきた。機動隊と私服もさすがに手出しできなくなり、デモ隊の大勝利でした。

続きを読む "労働者の団結で革命起こそう!9・24集会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

もっこすラーメン

070919 昨日、会議で神戸に行ったので、久しぶりに「もっこすラーメン」に寄って来ました。うまい!!ですよ~(~o~) 写真を見てください、チャーシューで麺が隠れて見えない!7枚も入っている。その上にネギがどっさりのっている。これだけでもおいしそ~(*_*) 下は細麺で醤油豚骨スープ、屋台の味でこってり油がはいっている。これで630円、安いでしょー。阪神大震災の時は、被災者を応援するために500円にまで下げていた。

 泉州にもラーメン屋が増えてきた。最近、札幌の「味の時計台」が下瓦屋に開店した。うまいけど、スープが甘いし、太麺なので、やっぱり細麺でチャーシュー、ネギたっぷりの「もっこすラーメン」の方が大好きだ。神戸にチェーン店が何軒もあるので、神戸に行く機会があったら、一度寄って味見してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

東大阪市議選が始まる。阪口克己議員を応援します

 16日から東大阪市議会議員選挙が告示されます。われわれ反戦福祉議員ネットの仲間、阪口克己さんがでます。私は、何回も応援に行っています。みなさん、応援してください。

 阪口さんは、46歳で2期目の挑戦です。荒本平和診療所の民営化や学校給食、清掃など東大阪市丸ごとの民営化に反対して闘っています。また若者に仕事と夢を実現するために闘っています。憲法改悪やイラク侵略戦争に反対して共に闘ってきた仲間です。地元の市民、全国の仲間が応援にきています。終盤になり、非常に盛り上がっています。

 安倍をぶっ倒した今、東大阪市議選で自民党政権を丸ごとぶっ倒す阪口さんの当選を勝ち取ることは、情勢を転換させるためにも焦点になっています。明日が告示、23日投票でいよいよ決戦の選挙に突入します。東大阪に知り合いのいる方は応援してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

安倍を倒したぞ!9・24集会に集まって行動しよう!

 安倍首相が12日、突然辞任表明した。この日は議会の真っ最中であったが、ニュース速報をみて本当にびっくりした。代表質問を前にしっぽを巻いて逃げた首相など聞いたことがない。議会中もこのことを考えた。参議院選挙を通して労働者、農民の怒りが大きく出始めた。年金問題、貧富の格差、教育基本法改悪と国民投票法案の強行採決など、数々の悪事をやってきた安倍に、労働者と農民の怒りが突きつけられたのだ。安倍は、本質的に労働者、農民に倒されたのだ。戦後史で最も無様な辞任を強制したのだ。しかし、われわれの怒りはこれですむ訳じゃない。民主党じゃ何も変わらない。必要なことは、社会の革命だ。貧困と戦争を終わらせるために、自民党から権力を奪い、労働者階級の政府をうち立てることだ。

 9月24日、大阪市北区の国労会館で「労働者の団結で革命起こそう!9・24集会」がある。やる気のある者は、みんな集まれ。行動しよう!

「ビラ表.pdf」をダウンロード 「ビラ裏.pdf」をダウンロード

続きを読む "安倍を倒したぞ!9・24集会に集まって行動しよう!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月11日 (火)

市長が答弁拒否!都合のいい時だけ答える?

 10日から9月議会が始まりました。問題になっている「次世代育成施設『つどいの広場』」予定地の上の「新家町 篭池」を埋立てるための調査費が補正予算で出てきました。また、保育所民営化に反対し、公立保育所の建て替え計画を求める請願が出されました。この2つが9月議会の焦点になります。明日が厚生文教委員会で、保育所の請願が出ます。私が紹介議員を代表して説明します。傍聴に来てください。

 さて、今日11日総務委員会があり、私は出席して質問、市長を追及してきました。補正予算案に入っている「新家町 篭池」埋立てるために「測量設計、地質調査委託料」589万円が出てきたので、私は質問を集中しました。

 すると、3度目の質問中に新田谷市長が突然「篭池予算と関係ない次世代育成関係の質問には答えられない」と総務委員長に言い出しました。私は反論、「篭池埋立てと次世代育成施設は大いに関係がある。篭池を埋立てた上に、地元要望の集会所を建てれば、建設費は非常に安くなる。どうしてそういう風に考えないのか、わかった時点で変更もできたはずではないのか」と。暫時休憩して議論したが、自民党の千代松議員が市長の味方をして結論が出ず。委員長が仕方なく、再会して「先に進む」と言ったので、私は市長の答弁拒否を批判しながら意見を述べ始めると、新田谷市長が「答えます」と手を挙げるではありませんか!

 痛い質問をされたら答弁拒否し議事を混乱させながら、答えやすい時には求めていないのに手を挙げて持論を展開する、こんなにも身勝手で卑怯、けつの穴の小さい新田谷市長の姿を議員と部課長が見てしまった!怒ると同時にあきれてしまった!

 私は抗議する!と同時に反対意見を展開しました。後で議員も職員もあきれた顔で市長を批判していました。こんな市長に市政を委ねている当市の将来に、暗い気持ちになったのは私だけではなかったでしょう、ほかにも多かったと思いますm(_ _)m

続きを読む "市長が答弁拒否!都合のいい時だけ答える?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

監査請求で意見陳述

 昨日、監査委員に対して意見陳述してきました。明松(かがり)委員、北谷委員の2人に私を含めて4人が意見陳述しました。2人の委員はメモを取りながら真剣に聞いていました。意見陳述の後に、明松委員が「(市長は)何をやっているのか、という感じ」と言っておられたので、よい結果が出るものと期待しています。

 これは、市長が違法な予算の流用と二重請求していた事件に対し、8月10日に103名で住民監査請求したものです。泉佐野市始まって以来の大人数で監査請求したので、監査委員会も真剣に取り組んでいると思います。

続きを読む "監査請求で意見陳述"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »