« 市政ビラに意見ありがとうございました | トップページ | 監査請求で意見陳述 »

2007年8月30日 (木)

政務調査費は1円まで領収書つけてます

 自民党の玉沢徳一郎衆議院議員が代表を務める岩手県第4支部が同じ領収書を使って政治資金収支報告書を提出していたことが報道されています。自民党国会議員の不正に、みんなが怒るのは当然です。松岡・農水大臣が自殺して真実を隠しました。不正に報告して、税金を一体何に使ったのか、ここが一番の問題です。

 大阪府議会でも、政務調査費の使い方がいい加減で、監査請求され、返還を求められています。会派に1人当たり月10万円、個人に1人当たり月49万円支給されています。月59万円!すごい額です。が、領収書は市民に公開されておらず、簡単な収支報告書しか市民がチェックできないため、「第2給与」と批判の対象でした。市民の批判でようやく改善へ重い腰を上げるようですが、これまでの事実について明らかにしないでは、許されることではありません。

 さて、泉佐野市でも以前は領収書が必要でない時代が続きました。1986年、私が議員になった当時は「調査研究費」という名で月1万円でした。何年間かして月3万円になりました。そして月6万円に上げてから、「政務調査費」に名前も変えて要綱を作り、領収書も1円まで現物をつけるようになりました。2001年です。それ以降は情報公開の対象にし、かなり厳密な運営にしていると思います。泉州の市議会はだいたい同じようなやり方になっていると思います。国会や都道府県議会、大阪市議会などのやっていることは、デタラメです。おそらく調査研究費の額が大きいこと、公表できないことに使っていることが原因ではないかと思われます。許されないことです。

 それでは私の昨年度の収支報告書を添付します。昨年度は5月に選挙があったため、6月~今年3月までの10ヶ月の決算になっています。初めて32,804円返しました。余ったら返すのが当たり前です。

「06政務調査費.pdf」をダウンロード

|

« 市政ビラに意見ありがとうございました | トップページ | 監査請求で意見陳述 »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/7737918

この記事へのトラックバック一覧です: 政務調査費は1円まで領収書つけてます:

« 市政ビラに意見ありがとうございました | トップページ | 監査請求で意見陳述 »