« また出てきた予算流用!社会保険庁と同じか! | トップページ | 陸上飛行に反対の申し入れ »

2007年6月22日 (金)

交通事故に巻き込まれた

070622 写真を見てください。後からトラックに追突され、ガラスは粉々に飛び、車体はペシャンコでドアは開かなくなってしまいました。危うく命を落とすところでしたよ。同乗者は鞭打ちになって救急車で病院へ運ばれました。私は運転していたので、ルームミラーで後ろから来るトラックに気付き、「来る来る!危ないー!」と叫んで、身構えていたので大丈夫でしたが、同乗者には申し訳ないことをしました。幸いケガはたいしたことなく、入院の必要もなく帰ってきましたが。本当に危ないところでした。雨の日は車間距離を十分取って走りましょうね。

 事故は午前9時20分頃、阪神高速湾岸線の上で、天保山から市内に向かって急カーブが連続して直線に入ったあたりです。右車線を走っていた3台前の2㌧トラックが、急に左に行って壁にぶつかり止まりました。雨が降っていたのでスリップしたのかもしれません。前と横のトラックが急ブレーキをかけました。私も慌てて急ブレーキ、スリップし左右に揺れながらかろうじて止まった。すんでの所で前のトラックにぶつからずにすんだ~(^_^;) ところが、後から2㌧トラックが迫ってくるのがルームミラーで見える!「来る来る!危ないー!」と叫び終わらないうちに『ドーン!ガチャン、ガチャン』という音、車に衝撃。必死でブレーキを踏み続け何とか前のトラックとの衝突は避けましたが、危うく二重三重の事故になるところ。後で考えてみるとゾッとする恐ろしさ!

 左に車を寄せて降りていってトラックの運転手に「何しとるんや!(`□´)」と怒っていました。素直に謝ってくれてので、保険で修理してもらうことにしましたが。

 この日は、府庁と大阪航空局に行く途中だったので、あせりましたよ。電話で「事故で遅れます」と断りを入れ、警察の現場検証を終えてから40分遅れで到着しました。

|

« また出てきた予算流用!社会保険庁と同じか! | トップページ | 陸上飛行に反対の申し入れ »

私のページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/6904253

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故に巻き込まれた:

« また出てきた予算流用!社会保険庁と同じか! | トップページ | 陸上飛行に反対の申し入れ »