« 市長、違法行為の自覚はないのですか! | トップページ | 交通事故に巻き込まれた »

2007年6月17日 (日)

また出てきた予算流用!社会保険庁と同じか!

 問題になっている「次世代支援施設・公民館」で新たに2件の予算流用の事実が出てきました。14日の厚生文教委員会での高道議員の質問に対して、竹内理事が答弁で「文化財調査費」「土地鑑定」も3月に予算を流用していたことが明らかになりました。これでは、国会で問題になっている社会保険庁の年金問題と同じです。追及していったら次々に新事実が出てくる。市長はいったい何度、議会と市民をだますのか!怒りがこみ上げてきます。採決の結果は、「反対4:賛成1」否決されました。

 私は厚生文教委員ではない(総務委員)ので、傍聴していましたが、本当に腹が立ちました。12日の議員協議会では、3件(基本設計、測量、地質調査)を指摘され、認めました。「それ以上ないのか」との追及に、理事者は「ございません」と答えていました。こんなウソで塗り固めた補正予算など、まともに審議できない!否決するしかありません。

 14日の厚生文教委員会で明らかになった予算の流用項目と額は表の通りです。

「070617.pdf」をダウンロード

 各議員の質問と意見は、怒りを抑えながらも、普段にない強く厳しい意見が続きました。市長は「担当の方からは『おかしい』との批判があったが、私の判断ミス」と答弁しましたが、これがまた怒りをかった。向江議員は「謝ってすむ話か!処分しないのか」と追及しました。これに泉谷副市長は「流用に違法性はない。処分は考えていない」と開き直る。まるで国会と同じで、どこまでも恥知らず、市民の怒りに包囲されないとわからないようだ。

 補正予算に2重に請求したことについて、議員から「虚偽記載は背任行為だ」との批判に対しても、市長は「だまし取ろうとしたのではない」と答弁しています。事の重大さをわかっていないようだ。公務員の「裏金」と同じだとの認識もないようだ。まったくあきれて話にもならない。事実が市民の間に広がる度合いに応じて厳しく批判されるまでわからないようだ。

|

« 市長、違法行為の自覚はないのですか! | トップページ | 交通事故に巻き込まれた »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/6818036

この記事へのトラックバック一覧です: また出てきた予算流用!社会保険庁と同じか!:

» 不動産鑑定と不動産の特性 [不動産鑑定の基礎知識]
皆さんが不動産を選ぶときにはまず、その不動産鑑定を行っている鑑定士を選びますね。その不動産の鑑定士の生業にも法律で規制されていることが山ほどあるのです。 [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 15時11分

« 市長、違法行為の自覚はないのですか! | トップページ | 交通事故に巻き込まれた »