« また職員の公金横領 | トップページ | 市民病院の赤字が急増し約10億円に »

2007年5月 3日 (木)

憲法改悪反対集会

070503  今日は5月3日、戦後憲法ができて60年、しかし憲法が危機に。それは安倍首相が「任期中に憲法改正する」「戦後レジーム(体制)からの脱却」と叫び(怒!)改憲投票法案を強行しようとしているからです。

 私は、憲法を改悪して戦争国家にしてはいけないと日頃から考え、運動しています。今日は大阪市天六で開かれた集会「労働者の団結で改憲を阻止しよう!5・3集会」に参加してきました。自治労や教組、国労、JPUの労働者が中心になって、210名が集まって過激な集会をやりました。若い労働者が「労働組合をつぶし、労働者を奴隷にしようとする安倍政権」「過労死するような社会はおかしい。ガマンできない、革命をやろう!」と次々と立って発言しましたよ!俺の中の“忘れかけていた? (^^;)熱い血”がよみがえってきた!そうだ、この社会は間違っている、ホームレス追い出し、所得格差、障害者・高齢者いじめ、労働者使い捨て……、やっぱり日本を革命しなくっちゃ(^-^)と! (下へ続く)

0705033  写真は、デモです。太鼓や鳴り物でにぎやかに、あふれる勢いのデモ。沿道には「何が来た」と見入っている市民、学生、高齢者です。飛び入りもありましたよ~(@_@) 警察も一杯いましたが、見ているだけ、何もできなかった。貧富の格差を拡大し、ワーキンブプアー、ネットカフェーで寝る若者をつくりだしている日本資本主義、闘わないと生きていけなくなっている!

0705032 集会は、偉い学者の講演はやめて、改憲しようとする安倍政権が作りだしている貧困、戦争、労組攻撃に対して現場から告発し、変えていこうと呼びかける発言であふれていました。改憲を止める力は、多数の労働者の団結した闘いしかない!若い労働者が次々に起ち上がってくる情勢がきた!こういう確信を持てた今までにない感動的な集会でした。

|

« また職員の公金横領 | トップページ | 市民病院の赤字が急増し約10億円に »

「戦争反対」カテゴリの記事