« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

「イラク戦争をやめろ!」アメリカ総領事館に毎月行動

070529 私は「反戦・福祉議員ネット」という関西の地方議員のネットワークに加入していて、毎月アメリカ総領事館に「イラク戦争をやめろ!即時撤兵しろ」と申し入れています。今月は29日に行きました。この日は、私と三浦・守口市議、戸田・門真市議、小西・高槻市議、古賀さん、後藤さんが来ていました。反戦・福祉議員ネットは、アメリカがイラク戦争をやめ米軍を撤退させるまで毎月行動することにしています。イラクの内戦は納まるどころか激化の一途。アメリカの敗勢は明白です。ブッシュは中間選挙に大敗、イギリスのブレアも戦争責任をとって辞任、それでも自衛隊派兵を延長する安倍、世界中で「戦争やめろ!イラクはイラク人に返せ」という声が日増しに大きくなっています。私は世界の人たちと連帯して、総領事館=ブッシュに叫んできました。次はみなさんも参加しませんか。

続きを読む "「イラク戦争をやめろ!」アメリカ総領事館に毎月行動"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月28日 (月)

改悪教育基本法の具体化を許さない5・27集会

070527 5月27日、京都で「改悪教育基本法の具体化を許さない全国集会」があり、参加してきました。会場は「みやこめっせ」で平安神宮の近くにあります。集会には全国から750人が集まり、集会をやり、四条烏丸までデモしました。写真は、四条河原町近くで伊吹・文科大臣の事務所に向けて怒りのシュプレヒコールを上げているところです。辻元清美衆議員も合流して、大内裕和・松山大助教授、小森陽一・東大教授ら主催者と一緒に拳を上げて叫びました。

070527_1  写真は集会で問題提起する大内裕和さんです。教育基本法改悪の具体化を現場で許さないために、支えあい、困難な状況を切り開く行動が求められています。具体的には、昨年、今年の2回、都教委から1ヶ月、3ヶ月の停職処分を受けた根津公子さんを絶対に免職にさせないために闘おう。そして憲法改悪への流れを変えていこう。と訴えられました。安倍政権は、改憲(国民)投票法案を強行採決し、教育関連3法案、社会保険庁法案などを次々に強行採決する暴走に、われわれは怒りました。最近の世論調査でも国民は怒って安倍を支持しない人が増えています。闘いは、いよいよ暴走・安倍を倒す局面に入りました。頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

山に登っていい汗かきました

0705126 日頃は車で動くことが多く、歩くことも少ないので、久しぶりに山に登ってみました。泉佐野市にもいい山があります。犬鳴山七宝滝寺から高城山に登りました。小中学時代は、淡路島の山を軽々と登っていたので、軽い気持ちで行きましたが、途中で息が切れ、汗びっしょりかきながら休み休み登りました。木々が茂る急斜面を、沢に添って急坂の山道を登りますが、空気は澄んでいて爽快です。約一時間半で高城山まで来ました。足はぱんぱんに張って「もう歩けない~」(/_;)。 そこで弁当を食べて休むこと半時間。帰りは歩きやすい道を下ってきたのですが、どこで道を間違えたのか、あたりの景色が全く違うではありませんか。 「市会議員、山で遭難」などと書かれたら目もあてられンな…(-_-;) と不安になりながら降りてくると、やっと家が見えてきてホッ。そこは何と大木でした!北側の沢に降りたようでした。「山をなめたらあかん、やっぱり地図は必需品やな」(@_@)と反省。 次は地図を持って、しっかり見ながら五本松まで行くぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

「めだか」(泉佐野給食組合)で初めてストライキ!

070525 みなさん、「めだか」をご存知ですか?泉佐野給食協同組合と言って、泉佐野市では一番古い弁当屋です。学校給食などもやっています。ここに勤めているパート労働者が5月25日、初めてストライキをやりました。この労働者は、私が顧問をしている関西合同労働組合に加入している組合員です。パートで入社しましたが、仕事は正規職員と同じ弁当の配送です。時間も仕事内容も同じなのに給与やボーナスなどに大きな格差があります。数年前から「正規職」にするように要求して、地方労働委員会、中央労働委員会で争ってきました。この日は、めだかの理事会があったので、理事に訴えるためにもストライキをやりました。関西合同労働組合から多数支援に来てくれ共に闘いました。めだかの労働者や車で前を通る労働者が手を振って応援してくれていました。ストライキは、大きな共感を生んでいました。

続きを読む "「めだか」(泉佐野給食組合)で初めてストライキ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

動労千葉の物品販売

070524 24日、動力車千葉労働組合(動労千葉)の組合員が来て、一緒に泉州地域の労働組合を回りました。毎年、夏の冬のボーナス期に回っています。目的は、解雇された組合員が現職復帰するための闘いを支援して物品販売に協力すること、そして動労千葉の闘いへの連帯・支援を広げていくことです。 今回来た組合員は、21年前に国鉄分割民営化の過程で解雇された労働者です。21年間も不当解雇・国家的不当労働行為を糾弾して闘っている、すごい人です。

 泉州地域の労働組合8カ所を回りました。毎回、物販を取り組んでくれている組合、今回初めて訪ねた組合などあります。関東では労働千葉というと有名ですが、関西ではストライキ報道がされていないためにあまり知られていません。今年も春闘を「ストライキで闘った」と報告すると、どの組合もびっくりしていました。安倍政権が改憲投票法案を強行採決し、憲法改悪に向けて強引な攻撃をやってきている中、動労千葉のような労働組合が増えればひっくり返せると、強く感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

年金増えないのに府営住宅の家賃を2倍に上げられた!交渉して下げさせる

070521  先日、府営住宅の家賃を2倍以上に上げられ「年金が少ないのに、家賃をこんなに上げられたら生活できない」(怒り!)と、70才・一人暮らしの方から相談がありました。年金は増えていないのに、昨年11月から家賃が5500円から11300円に、5800円も値上げされていました。この人は家賃の減免を毎年10月にしていますが、昨年も年金額の通知書を持って、写真にある住宅集会所に行き、巡回員に減免申請したのです。巡回員は非常勤嘱託員です。通知書は、本人の年金と亡夫の遺族年金ですが、遺族年金はもらえないので「支給停止」と書いてあります。ところが巡回員は勘違いし、両方もらっていると認定したのです。本人は「一つしかもらってない!」と主張したのですが、巡回員は「ウソ言っている」と決めつけ、家賃を2倍にしたのです。

 今年5月になって「生活できない」と相談あり、府住宅公社岸和田管理センターで家賃課長と交渉したところ、すぐに誤りを認めて11月にさかのぼって値上げした分を返還することになりました。「あってはならない誤り」と認めました。

 なぜ、こんな重大な誤りを起こしたのか?私は、こんな誤りを起こした原因は大阪府の民営化にあると考えています。職員であれば、通知書を見ればすぐにわかったのです。大阪府住宅供給公社住宅管理センターは、民間会社です。府職員を派遣していますが、職員は極限まで減らし、退職した(民間、公共)人を安い給料で雇用して、非常勤嘱託員にしているのです。民営化し人件費を削っているのです。府は、この非常勤嘱託員に年金通知書の読み方を教えずに、家賃算定という重要な仕事をさせていたのです。やはり、家賃のような重要な仕事は府が直営でやるべきです。以前は府が府営住宅の仕事をほとんど全部直営でやっていたのに、どんどん仕事を民営化したから起きたことです。「官がやるべきことまで民に」した誤りです。他にもあります。

 

続きを読む "年金増えないのに府営住宅の家賃を2倍に上げられた!交渉して下げさせる"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月20日 (日)

新陸上ルートの騒音・高度の監視

070518  18日にも新陸上ルートの監視に行ってきました。この日は住民の会の会員5人で午後8時~10時30分まで監視しました。この日は、用心して飛んだのか、飛行高度は高く、雲の上を飛んでいて、機影は見え隠れしていました。騒音は55~58デシベルでした。1日目に低く飛んでいたときは62デシベルでした。低く飛べば騒音は大きくなる、監視していなければどんな飛び方をされるかわからない、そんな感想を持って帰りました。

 それにしても、関空建設の原点「陸上を飛ばさない」は、長年に渡って住民が闘って実現したものです。それを破って、新幹線との競争に勝って客を取る、関空会社と航空会社の金儲けのために住民を犠牲にしてもいい、というやり方。これが資本主義、人間よりも会社の利益を優先する、こんなことを許していていいのですか!私は反対します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

約束違反の新陸上ルートを騒音監視

070516  またまた約束違反です!「関空は陸上を飛ばさない」が建設の原点であり、国と大阪府が説明会などで何度も公約してきた一番大事な約束です。 ところが開港4年後の98年12月から離陸ルートを陸上を飛ばす陸上ルートを一部で導入したのです。ものすごく反対運動が起こりましたが、国と大阪府は強行したのです。これで終わりかと思っていたら、今度は「着陸ルートも陸上を飛ばしたい」と言い出しました。本当にふざけています。こんな約束違反を国や府が平気でやるから、行政にも民間にも不正がはびこっているし、子どもの世界にまで拡大しているのです。ふざけるな!一番大事な約束を守れ!

 そこで私はテスト飛行が始まった初日の16日夜8時半から騒音とルート、高度の監視するために、ルート直下の貝塚市二色浜の公園に行ってきました。あいにくの雨でしたが、騒音を計ってみました。1機目はわからず、2機目が21:15頃かなり低空で飛んできたので、ハッキリ見え、騒音計は62デシベルでした。「結構うるさい」感じを持ちました。

続きを読む "約束違反の新陸上ルートを騒音監視"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年5月15日 (火)

国会に行って“はんた~い!” 闘いはこれからだ

0705141  昨日14日午前11時55分、参議院本会議で改憲投票法案が賛成多数で採決されました。この法案は、単に憲法を変える手続きを決めただけではありません。公務員の運動禁止、マスコミ規制、政府・与党の宣伝はやりたい放題、これでは安倍自民党が憲法を改悪するための法律でしかありません。つまりこの法案が通るかどうか、日本が戦争に踏む込む歴史の分岐点にあるのです。

 私はじっとしていられなくて早朝から出て、午前11時前に国会前に着きました。すでに東京の仲間たちが来ていて300人くらいになっていました。歩いてみると、関西の仲間も十数人いたし、広島や仙台の仲間も来ていました。連帯労組の旗があり、近づくと戸田議員、川村副委員長も来ていました。みんな黙っていられなくて国会に来て「反対!」と抗議に来たのです。実際、自分の回りでも街頭でも「賛成」する人は極少数で、「反対」「もっと時間をかけるべき」が圧倒的多数です。国民の意見と国会はかけ離れすぎている。こんな採決は無効だ!撤回しろ!と写真のように昼前から叫び続けてきました。闘いはこれからだ!

続きを読む "国会に行って“はんた~い!” 闘いはこれからだ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

改憲投票法案に反対して大阪駅前で宣伝

0705131  今日、大阪駅前の陸橋の上で宣伝してきました。目的はもちろん、参議院で採決されようとしている改憲(国民)投票法案の反対するためです。40人も来ていました。私や戸田・門真市議など市議、教育労働者や民間労働者、市民団体など、国会情勢に危機感を持った人たち。私もじっとしていられなくて参加し、マイクで訴えました(写真は大阪駅前の陸橋の上で宣伝する様子)。関心は高くないが、署名する人、激励する人、差し入れしてくれる人もいて、「危機感を持って反対している人も少なくない!」!(^^)!と元気になりました。

 明日は、国会にかけつけて思いっきり「改憲投票法案を通すな!反対、はんた~い!」と叫んできます。昨日12日には泉佐野駅前でも宣伝しました。全国各地で反対する宣伝と行動がおきているでしょう。ともに闘いましょう!

 

続きを読む "改憲投票法案に反対して大阪駅前で宣伝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

改憲投票法案を止めよう!

 今朝のメール連絡や報道によると、改憲投票法案が参議院で14日にも成立しそうだといいます。自民・公明の与党は、参議院の審議打ち切りを通告してきたそうです。これに民主党が同意したそうで、本日11日特別委員会で採決強行ー14日本会議採決強行で法案を通そうとしているのです。安倍首相が出てきて質疑を行うので合意したといいます。しかし安倍は法案提出者でもありません。結局、安倍の強い指示で早急に成立させようとしているのです。これは「任期内に憲法を改正」するためであり、軍隊を持ち、戦争する国に変えるために急いでいるのです。こんなことを許してはいけない!国会へ行ける人は国会に行こう。行けない人はメールやFAXを送ろう。

 なんでや!参議院に送ってからまだ1ヶ月もたっていないし、審議は尽くされていない!民主党は何や!やっぱり小沢が党首の政党、改憲にも投票法案にも賛成なのだ。それにしても安倍はあせっている。労働組合と9条改憲に反対する運動をつぶし、改憲しないと日本帝国主義はつぶれると思っているようだ。とんでもない奴だ!みんなで反撃しよう!

抗議先:日本国憲法に関する調査特別委員会及び憲法調査会事務局 goikensk@sagiin.go.jp  Fax 03-5512-3925

「kokkaisokuhou47.pdf」をダウンロード

|

2007年5月 9日 (水)

市民病院の赤字が急増し約10億円に

070510  写真の市民病院は移転して9年になりますが、最大の危機を迎えています。市民病院の問題については、私は市長の失策であり、市民の命と健康をないがしろにする失政であると、批判してきました。総長人事で病院側ともめ、総長、院長を代えたために医者が次々に退職、休診科が出、外来を縮小、入院も縮小、救急も断る、その結果、患者が減り、人気が悪くなり、病院運営が最悪になっています。そこで私は先日、泉佐野市立病院に行って、事務局長と総務課長に会って06年度決算について調べてきました。

 そうすると、赤字が昨年度に急増していたことがわかかりました。06年度決算速報値ですが、不良債務が9億9千万円になっています。企業会計でいう「不良債務」とは、一般会計でいう「累積赤字」のことです。3月議会での答弁では「不良債務は約7億3千万円」との答弁でした。ところが3月末までに約2億6千万円も赤字が増えていたのです。これは大変なことです。不良債権が医業収益(約95億円)の10%をこえているのですから、危険ゾーンに入ったということです。このまま増えれば、倒産の危機です。

続きを読む "市民病院の赤字が急増し約10億円に"

|

2007年5月 3日 (木)

憲法改悪反対集会

070503  今日は5月3日、戦後憲法ができて60年、しかし憲法が危機に。それは安倍首相が「任期中に憲法改正する」「戦後レジーム(体制)からの脱却」と叫び(怒!)改憲投票法案を強行しようとしているからです。

 私は、憲法を改悪して戦争国家にしてはいけないと日頃から考え、運動しています。今日は大阪市天六で開かれた集会「労働者の団結で改憲を阻止しよう!5・3集会」に参加してきました。自治労や教組、国労、JPUの労働者が中心になって、210名が集まって過激な集会をやりました。若い労働者が「労働組合をつぶし、労働者を奴隷にしようとする安倍政権」「過労死するような社会はおかしい。ガマンできない、革命をやろう!」と次々と立って発言しましたよ!俺の中の“忘れかけていた? (^^;)熱い血”がよみがえってきた!そうだ、この社会は間違っている、ホームレス追い出し、所得格差、障害者・高齢者いじめ、労働者使い捨て……、やっぱり日本を革命しなくっちゃ(^-^)と! (下へ続く)

続きを読む "憲法改悪反対集会"

|

2007年5月 2日 (水)

また職員の公金横領

Photo_5 写真は泉の森ホールです。きれいに見えますが、中はガタガタです。今日、男性職員(57)が駐車場料金を横領していたことがわかりました。駐車場料金といっても金額は、何と2391万円にもなるようです。7年半に渡って着服していたとのことです。今年2月分では、58万円の料金のうち45万円も横領、つまり78%にもなります。びっくりしました。こんなに横領されていてもわからなかったということに!今日5月2日付で懲戒免職になったそうです。この職員は、主幹=課長代理級で管理職でした。開館当初からいた職員でした。財政危機を理由に職員を減らし、1人で料金徴収をしていたそうです。それにしてもどういうチェックと会計監査をしていたのでしょうか。市長らの職員管理責任が厳しく問われなければなりません。また本人に返還も求めなければなりません。

続きを読む "また職員の公金横領"

|

2007年5月 1日 (火)

メーデー

070501 今日は5月1日、メーデーの日です。あいにくの雨でしたが、私は泉南地区メーデー会場(りんくう公園)に行ってきました。がっかりでした。いつものことですが、国会議員など来賓あいさつが目立ち、肝心の労働組合の発言がないのです。これだけ「ワーキングプアー」「格差是正」「最低賃金のアップ」が叫ばれているのに、当事者の労働者の発言がない。来賓は選挙のことばかりで、労働者の実態知らないし、知ろうともしない。  

そもそもメーデーは、121年前の1886年5月1日、アメリカの労働者が「8時間は労働を、8時間は眠りを、そしてあとの8時間はわれわれの自由に」というスローガンで「8時間労働制」を要求しストライキに立ち上がったのが始まりです。メーデーは本来、労働者が国家権力・資本家階級と対決し、人間らしく生きる権利を求めて闘う日です。そのことを忘れた労働組合、連合、もう一度本来の労働組合、労働運動を取り返さないと。そう感じたメーデーでした。

|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »